新型コロナウイルス感染拡大の影響により、北海道サッカー協会主催の一部事業が中止される事が決定致しました。
         11月12日にシーズン途中での中止が決定となりました第21回北海道フットサルリーグ2020に続き、11月20日には
         全道フットサル選手権大会2021の中止が決定、12月10日には第26回全日本フットサル選手権大会北海道代表決
         定戦の中止も決定致しましたのでお知らせ致します。

         また、北海道フットサルリーグの優勝チームに与えられる全国大会の地域チャンピオンズリーグ(2021年2月12日〜
         14日開催)は、北海道フットサルリーグのシーズン途中での中止に伴い、決勝ラウンド進出決定3チームと決勝ラウン
         ド進出の可能性のある3チームの計6チームによる抽選での北海道代表チームを決定する予定でしたが、6チーム中4
         チームが新型コロナウイルスの状況を踏まえると出場は厳しいとの判断から辞退することとなりました。
         D.C Asahikawa Futsal Clubも、選手の半数以上が不参加の意思であった為、チームとしても安全最優先と考え
         辞退することとなりました。

         また、全日本フットサル選手権大会の全国大会(北海道代表チームは抽選で決定予定)も日程変更され、地域チャン
         ピオンズリーグの翌週となることから、こちらも辞退することとなりました。

         この決定と決断は、D.C Asahikawa Futsal Clubの選手、スタッフにとって非常に悔しく残念な結果・決断となって
         しまいました。

         これにより、2020-2021シーズンは北海道フットサルリーグの4試合のみとなり、全日程を終了することとなりました。

         2021-2022シーズンは新型コロナウイルスが一日でも早く収束し通常の生活が出来るようになり、各スポーツの大
         会も開催される事を願うばかりです。

         D.C Asahikawa Futsal Clubを応援・支援して頂いた全ての方々に感謝致します。

         引き続き、2021-2022シーズンもD.C Asahikawa Futsal Clubの応援を宜しくお願い致します。